アレンジ祭、M3、音楽活動のこと

M3の制作作業でかなり切羽詰まってるけど、書いておく。

 

DTMが苦手、というよりちゃんとした音源を揃えてなく、思った通りに仕上がらないからやる気が出ない、というのが現状だ。まず音源を揃えればいいのだろうけど、その予算はギターまわりの機材にいつの間にか消えてしまう。消耗品であるピックや弦にもけっこう掛かるのだ。

何も機材がなかった頃、五線紙の上にはあらゆる可能性があって、楽音の連なりで表現できないものはないと思っていた。弦楽四重奏木管五重奏なども作っていた。それらは誰かによって演奏されることもDTMで再現することもなく放置されたままだ。

その頃一番作ったのはピアノ曲で、それは実家にアップライト・ピアノがあったからだと思う。頭の中で鳴っている音を譜面上で組み上げても、やはり肉体となる楽器がないと命が与えられない感覚があった。

不協和音と思えるものでも、音源で鳴らすと濁って気持ち悪かったりするのに、実際の楽器で鳴らすときれいな響きとして感じることもある。頭の中の音楽を再現するのにも実際に空気を振動させる楽器の存在が大きい。

実家を離れアップライト・ピアノから離れるとピアノ曲を作る想像力もどこかへ行ってしまった。

演奏される前提で曲を作っていても魅力的でなければ誰も弾きたがらない。結果一人で完結するソロ・ギターの曲を作っていた時期もあるのだが、自分の演奏レベルを超える楽曲を作れないという抜け出せない穴に落ちた。

そしてそのまま現在に至る。

深夜の2時間DTMに参加し始め50回以上やってみたが、ギターの演奏中心でこれのどこがDTMなのだという考えが頭をもたげ、参加するのに躊躇いが出て足が遠のいてしまった。

冬休みアレンジ祭 in 2019という企画にも参加してみた。所謂DTMができないのでまわってきた曲はギターのみ16本重ねたギター・オーケストレーションでアレンジした。至らない点があっても貶したりしない、少しでもいい点があったら全力でコメントする、というとても居心地のいい場だなと思った。

来月のM3で出す新譜はギター・カルテットで制作中だ。できることをとことんやってここまで独自路線を進んで来ているが、それは苦手なことから逃げ続けているだけなのではないのかという思いが常に頭のどこかにある。DTMを駆使して生演奏さながらの表現をしている方をTLで見かけることも多くなってきてただただ感心するばかりだ。

アレンジ祭で改めて思ったけど、ギターを弾ける人は山ほど居る。そりゃ自分ごときにギターの演奏を頼んでくる人なんて居ないよな、と自分の技量を棚に上げて落ち込んでいる。

できないことが多過ぎる。

選んで来た道は正しかったのだろうか。

 

時効

なのかどうか分からないが、あれから何も変わってない日々のことを書き残しておく。

 

ずっと自死するつもりでいた。

 

大学を出ると同時に意図的に社会からドロップアウトした。いわゆる就職活動をしなかったのだ。というかこわくてできなかった。自分の価値を企業側からしか決められないのも満員電車に乗るのも人に会うのも。大学の後半からゼミ以外はまじめに行かなくなったし、なんとか卒業だけはできたという状況だった。

就職活動をしない理由として「音楽をやる」ということを親を含め周りに掲げていた。そこに嘘はない。作りかけの曲を山ほど抱えていてそれを全部書き終えたら死のうと思っていた。音楽で食べていく才能がないことは自覚していた。

あんなに使命感に駆られて曲を書くことはもう二度とないだろう。頭の中にある自分の曲を形にするための機材もなく、ただひたすら五線紙上に自分の世界を広げていった。

それと同時に死ぬ場所の下見もしていた。屋内で首を吊ると事故物件扱いになってしまい親に迷惑が掛かるので飛び降りしか選択肢がなかった、それでも周りに迷惑は掛かるのだが。駅の近くに林立するビルの屋上は容易に侵入可能だということが分かった。あの頃ビルの屋上や高架から乗り出したり大きな橋の柵によじ登って地面を見下ろしたときの気持ち、今も変わらず思い出す。

結局書きかけの曲を完成させても死ぬことはできなかった。遺書は書かなかった。高いところから身を乗り出す度に自死に失敗した後の厄介さが頭を過った。生きていたくないだけで死ぬ勇気もなかった。銃等確実に死ねる方法があったら結果は違ったかもしれない。

 

あの頃の自分に声が掛けられたとしても、何も言ってあげられない人生だった。社会人として働くことで音楽制作をするための環境は整えられたけど、結婚もできないし子を授かることもなく生きている意味も感じないし未来に展望の一欠片もない。

だけどね、かわいい姪っ子には出会えた。そのことは姉夫婦にいくら感謝してもし切れない。

重い病気の末期になってスイスで安楽死するまで、とりあえず生きてるよ。

 

現行スクワイアを買っていじってみた

f:id:xiukj:20190529001539j:image

中古で現行品のスクワイアのストラトを買い、納得のいくまでいじってみた。

f:id:xiukj:20190529002325j:image

Squier by Fender - Affinity Strat

中古で7000円、義兄には夢を持たせるために5000円で買ったと言ってしまった。ボディに何箇所か塗装剥がれがあるもののきれいな状態。

f:id:xiukj:20190529002417j:image

ラージヘッド教の信者です。正式名称は「ストラトキャスター」ではなく「ストラット」。フェンダー系列なのにも関わらず最安ラインなのでフルネームを名乗らせてもらえてない悲しさ。

f:id:xiukj:20190529002750j:image

先ず指板とフレットをピカピカに。

f:id:xiukj:20190529003745j:image

開けてびっくり、雑に広いザグリ。生産性上げるための各モデル共通仕様なのだろうから致し方ないが、この真裏もトレモロ用の空洞なので逆セミアコのような構造。HSH対応かと思いきやネック側はハムバッカーの足用の窪みがないので要追加加工。

f:id:xiukj:20190529004350j:image

f:id:xiukj:20190529004431j:image

ピックアップをフェンダー・メキシコ製Tex-Mexに換装、直列、逆位相もいけるダン・アームストロング式配線に変更。この回路、元々付いているパーツの配線を変えるだけで実装できるのでおすすめ。簡単に言うと、トーンをマスター1つにまとめて余ったポットを直列ブレンダーにしつつ5点セレクターに工夫をして逆位相も出せるようにするもの。

f:id:xiukj:20190530235548j:image

追加で、N+B、N+M+Bが出せるようにネック・ピックアップ・スイッチを付けたが、キャビティの深さが足りずスイッチ・ポットが収まらないことに気づき断念。

f:id:xiukj:20190530232129j:image

右が元々付いていたセレクター・スイッチだが、すぐに調子が悪くなったので左のしっかりした物に交換。スイッチ部のザグリもギリギリで、左のタイプだと導電塗膜部に触れて音が出なくなってしまうので絶縁テープを貼る等の対策が必要。

f:id:xiukj:20190529005145j:image

白ピックガードのままだとジミヘン感が強くて畏れ多いので黒ピックガードにしたものの、今度はギルモア感が出てきてしまった。

f:id:xiukj:20190530234447j:image

クワイアのトレモロは使えないので交換した方がいい、というレビューをよく見かけるが、ちゃんとした調整を施せば全く問題なく使える。元々付いていたスプリングが強過ぎるという問題はあった。ハンガー・スクリューを限界まで緩めてもベタ付きのままだった。張力緩めのスプリングに交換。

シンクロナイズド・トレモロは1弦がフルアップ時にちょうど半音上がる程度にフローティングさせておくとチューニングが安定する。激しいアーミングをしてもチューニングはほぼずれない。使えないと言っている人は調整技術不足だと思う。

f:id:xiukj:20190530235037j:image

この状態で満足して暫く使っていたのだが、ふと10年程前にジャンクで買った詳細不明のギブソン製ピックアップのことを思い出した。そう言えばエドワード・ヴァン・ヘイレンも例のフランケンストラトギブソン製ピックアップを載せていた。80ドルのネック、50ドルのボディにES-335から外したハムバッカーを載せたあのギターの真似をしたくなった。

f:id:xiukj:20190530233004j:image
f:id:xiukj:20190530233021j:image

Gibson USAと刻印があるが詳細は不明。SGのブリッジから取った物らしいということだった。

f:id:xiukj:20190530233240j:image

ピックガードを買い直し、カバー付きハムバッカーが入るように穴を削って拡張。

ハムバッカーに変わったので直列ブレンダー回路からブリッジ配線を外す。

f:id:xiukj:20190530235141j:image

ストラトにハムバッカーを乗せるのは美学に反するから避けてきたのだが、実際使ってみるとめちゃくちゃ便利。力強くザクザク刻めるし、ハーフトーンストラトらしい音も出る。オールラウンド過ぎてずるい気すらする。

「しょぼい機材でメタルをやる」と言い出した人について行くつもりで手にしたこのストラトだが、しょぼいどころか気に入ってしまい最近はずっとこれを弾いてる。

 

Rectified Mystery

Shuichi Kojima『Rectified Mystery』f:id:xiukj:20190527195258j:image

 

セルフライナーノーツには音楽の魔女とストラトについてしか書かなかったので、残りのことはここに書いておく。 

先日のM3にて自身初となる2作品同時リリースを敢行したが1か月経った今も疲れが抜けず、ふらふらしていて今までの自分では考えられないようなことを色々しでかしてしまっている。もっと計画的に創作活動をしなければいけないなと思う一方、このタイミングでしかできないことだったのでやり通してよかったという達成感はある。制作中に「発表を延期してもっとじっくり作るべきではないのか?」と何度も自問したが、ある速度でしか届かない場所もあるということが自分を追い立て続けた。いつだってロックを加速するのは焦燥感だ。

全身全霊を込めて 完成したアルバム『Rectified Mystery』、久々に本名名義で発表することにした。それだけ今の自分と向き合って取り組んだということ。遅々として上達しないギターの腕前も含めて。

「家族に聴かせられるアルバムを作る」

これがこの作品を作ることにした一番大きな動機だ。長年音楽をやってはいるがこじらせたインストばかりで、両親や祖母達や姪っ子や親戚の子らに聴かせられるような作品がないというのがいつも心のどこかに引っ掛かっていた。「どういう音楽をやっているの?」と聴かれる度に聴いても分かってもらえないという気がしてお茶を濁して避け続けてきた。歌が入っている音楽しか聴かないという人の割合の多さにも辟易していた。自信のなさと自意識過剰の相乗効果で評価を怖れて逃げていただけなのかも知れない。

家族向けなら普通はアコースティック・ギターを選びそうなものだが、ソロ・エレクトリック・ギターのための前奏曲集という形をとった。ギター1本とアンプ1台、それだけでもここまで表現できるというエレクトリック・ギターの可能性を示したかった。ピアニシモによるクリーントーンの響きの美しさはアンプに繋いだギターでしか表現できないことのひとつだ。

多重録音も編集もなし、ここに記録されたのは素の自分の姿だ。部屋の片隅でギター弾けるらしい人が何か爪弾いている、というような感覚で楽しんでいただければと思う。

家族に聴かせられるアルバム、とは言ったものの最初に耳にする1曲目の頭で少し暴れてしまった。その後に続くオガワマユの紡いだきれいなメロディへの踏み絵だと思っていただければ幸いだ。

 

決意表明、あるいはメインギターとオガワマユ。

いくら努力を重ねても結果に繋がらないことはある。己の才能のなさを自覚できることが大事。才能のある人が見せてくれる景色を心に刻んだり、自分一人では辿り着けない場所まで連れて行ってもらったりすればいい。

f:id:xiukj:20190217232649j:image

さて、何度目かのメインギターの話。

メインギターが自分にとってどのような存在なのかは過去記事に書いてある。

http://xiukj.hatenablog.com/entry/2018/01/17/124325

この記事で組んだギターは結局メインギターにはならなかった。

そもそもライブをしない宅ロッカーにとってメインギターとは何なのかという話だが、この一本で日々を生き抜いていくという決意のようなものだと思う。もう残ってないかも知れないが、細美武士が悩みに悩んだ末にあの黒い57ヒストリックのレスポールをメインギターとして手にする決意を語ったブログを読めば分かると思う。

自分は10年以上ギブソン原理主義者でカスタムショップ製のレスポールを弾き続けてきたが、エドワード・ヴァン・ヘイレンが礎を築いたホットロッド・ギターの精神を大事にしたいと思い至った。エディがヴァン・ヘイレンのファースト・アルバムの録音で使ったギターは80ドルのネックと50ドルのボディを元にエディ自身が好みに合わせて組んだ代物だ。パーツ交換や改造で自分の理想の一本に近づける、これこそエレキギターという楽器の醍醐味だ。

自分の決意を確固たるものにするため、尊敬するミュージシャンであるオガワマユさんにネックプレートにサインという形で魔法をかけていただいた。才能のある人に力を分けてもらえるかなという思いで。

f:id:xiukj:20190218011340j:image

これからはこの漆黒ストラトキャスターとともに歩んでいきます。自分史上一番ややこしい配線を施したこのストラトについてはそのうち改めてまとめる。

f:id:xiukj:20190218011614j:image

因みにうちのインスピレーションもらうコーナー、いつの間にかオガワマユだらけ。

 

バンドマンになりたかった。

つまりは『バンドマンになれなかったギター弾きの話』

 

20代のうちに、徹底的にバンド活動をし尽くしておくべきだったとずっと後悔している。いまだにそれは自分の皮膚を焼き続けているような感覚で残っている。

バンド活動を全くしなかった訳ではない。

ラジオの企画バンドに所属してわりと大きなホールでライブをしたこともある。その後は○○○主催のコンテスト・ライブに出たり、リハスタに何回か入っただけで消滅したバンドが2つあったりで、バンドマンと呼べるような活動はできなかった。

仲間を集める力がなかった。

誰かに誘われる力も、どこかに所属する力もなかった。

はい、ただの力不足です。努力不足と置き換えられても仕方がない。

そして焦燥感は鳴り止まない。耳鳴りという形で今も。

 

急にこんなことを書き残しておこうと思い立ったのはこの本と出会ったから。f:id:xiukj:20180725171446j:image

カザマタカフミ『売れないバンドマン』

3markets[ ]というバンドのギターボーカルの著書。

著者のバンドにまつわるあれこれがかっこつけることも飾り立てることもなく淡々と綴られている。それだけにひしひしと伝わってくる感情が胸を打つ。刺激されて自分が抱えてきたバンド活動への思いが揺さぶられる。

特に9mm Parabellum Bulletのかみじょうちひろとのこと、よくこんなにさらっと率直に書けるなと感心する。冷静にまわりが見渡せて自己分析もできてる。何故売れないんだ3markets[ ]。

でもこの本が俺の目に止まったくらいだから、ひょっとしてもう売れ始めてるんじゃないのか。

3markets[ ]、一度ライブを観たことがある。媚びない感じと初期衝動が残ってる感じ(映画『ソラニン』で種田が歌詞を忘れてばぁーっと思いのたけを音楽に乗せて話したシーンのあの感じ)に好感を持ったが、その日は疲れていたのでそのまま帰ってしまった。今度はちゃんとCD買います。

 

先日、久し振りに昔のバンド仲間に会いに行った。彼女は今も音楽を続けているし、CDも売れてるし、バンドも続けている。

そのことが羨ましいやら悔しいやらでちゃんと話せるのか不安だったけど、向こうは全然変わってなくて、昔のまま普通に話せた。今の音楽仲間に「めちゃめちゃギター上手いんだよ」と紹介されたりした。めちゃめちゃギター上手かったらこんなことになってないよと思いつつも、その言葉はうれしかった。

 

バンドマンにはなれなかったけど、相変わらず今もギターを弾いている。人生の3分の2以上をギターとともに歩み続けている。

轟音でギターを掻き鳴らしたときにしか得られない感情と呼び起こされる衝動があるんだ。

だからこれからもずっと弾き続ける。

 

 

メインギター、自分にとって最高の一振りを考える。

メインギターとは何なのだろうか?

ベルセルク』のガッツが振るう大剣「ドラゴン殺し」のような物だというのが自分の考えだ。相棒ではなく戦友、自分に最適というよりはそれしか考えられない替えの効かない一振りの剣。

それ一本あれば事足りる筈なのに、何故手持ちのギターは増えていくのだろうか。そもそもライブをしない宅ロッカーにとってメインギターという概念は何なのだろうか?

見習いたいのは橘高文彦の姿勢だ。一時期キャパリソンを使っていたものの、あのギブソン67年フライングVをレコーディングでもライブでもずっと使い続けている。ネックが折れた時は電装系をそっくり別のギターに移して使っていたという逸話もかっこいい。


f:id:xiukj:20180116233710j:image

十年前に買ったギブソンのヒストリック・レスポール、それが紛れもなく自分のメインギターだった。ずっと憧れ続けていた部分が大きく使用しているギタリストも多いことから、果たしてレスポールは自分らしい一本なのかという疑問が残る。きらびやかなクリーンや粘りのあるクランチは申し分ないレスポールだが、ダウンチューニングでモダンなハイゲインを出そうとすると少し無理が出てくる。一昨年にアイデアが浮かんだローCの曲を作るにあたってこれでは無理だと感じた(このレスポールについては後日改めて書き記そうと思う)。

どんなギターが自分に似合うのか考えているとどんどん深みに入り分からなくなる。

誰かが使っているモデルは候補から外すしかないのか? 本当に自分にぴったりなのにそんな理由で手にしないのは勿体なくないか?

そもそも楽器屋に並んでいる物だと誰かと被るだろうからどこかにカスタムオーダーした方がいいんじゃないのか?

悩んでいても仕方がないので単純に見た目が気に入ればそれでいいということにした。エレキギターなのでパーツ交換で変えられる部分は大きい。
f:id:xiukj:20180117000207j:image

PRS SE Custom 24 Koa

これを素体にすることにした。エントリーモデルであるSEシリーズだが、そんなことは気にしない。ちょっと前、NMB48のシャク姉こと山本彩がPRS SEを堂々とメインで使っているのを見て好感を持ったことがある(最近はギブソンレスポールやらグレッチやら使っているけど)。

うす切りハム程度の厚さのコア材を化粧板として貼り付けてあるだけのコアトップ。離島に住んでいた頃馴染みのあったコアウッド、いかにも自分らしいと感じた。何本か木目を見て気に入った物を選んだ。

 

試行錯誤紆余曲折あったが、落ち着いたので現仕様を。


f:id:xiukj:20180117004427j:image

ペグはゴトーのマグナムロック。これだけ記事を残してある。マグナムロックは様々な仕様があり、ペグボタンも選べるのでどのギターにもぴったりな物があると思う。

http://xiukj.hatenablog.com/entry/2017/03/18/205804


f:id:xiukj:20180117004707j:image
f:id:xiukj:20180117004758j:image

ピックアップはDiMarzio Dark Matter 2。完全にヴァイ先生の新しいJemの影響じゃないかと言われそうだが、カバーのデザインに惹かれて抗えなかった。模様が描いてあるのではなく切り欠きになっている。エレキギタースチームパンク感が増す。音はEvolutionが元になっているので悪い訳がない。


f:id:xiukj:20180117005614j:image

ESP Tremolo Tone Springs Type-1、5本掛け。裏蓋は開けっ放し。スプリング交換時の調整は以下の手順で行うと楽。

1. ちゃんとチューニング及び調整された状態でスプリングを交換。

2. ペグを使用せずにハンガーマウントスクリューを調整してチューニングが合う位置にする。

3. ペグでチューニングを合わせトレモロユニットを調整。


f:id:xiukj:20180117012410j:image
f:id:xiukj:20180117012448j:image

不要な残響を消すためにスプリング内にAllparts SpringNO Tremolo Spring Silencersが仕込んである。スティーヴ・ヴァイティッシュを詰め込んだりしてるけど、これだと見た目が変わらずすっきりしていい。着脱も簡単だ。

 
f:id:xiukj:20180117012118j:image
f:id:xiukj:20180117012232j:image

トグルスイッチをスイッチクラフト製に交換。この世の全てのギターのトグルスイッチをスイッチクラフト製に交換して回る旅に出たいほどのスイッチクラフト狂。トグルノブはMontreuxのローズウッド製に。


f:id:xiukj:20180117012651j:image

トーン・ノブにスペーサーを噛ませて温存していたBillion Dollarsのスカル・ノブを装着。PRS SEのノブは好みのきれいなアンバーなのでボリュームの方はそのまま。

 

f:id:xiukj:20180117012956j:image
f:id:xiukj:20180117013045j:image

エスカッションはCheap Createにオーダーして本紫檀で木目を縦に作ってもらった。
f:id:xiukj:20180117105845j:image

交換後、冬の乾燥期を迎えてフロント、リアともにエスカッションが割れてしまったのだが、これは製作していただいたCheap Createさんのせいではなく、ピックアップのメタルカバーの厚みをサイズに反映させなかった自分に落ち度がある。割れてもがっちりピックアップを保持しているのでこのままでいく。


f:id:xiukj:20180117013248j:image
f:id:xiukj:20180117013334j:image
f:id:xiukj:20180117013451j:image

エンドピンはディマジオのブラス製に。ゴールドではなくブラス剥き出し仕様。経年変化が楽しみ。くすんだブラス愛好家。エンドピンクッションはFreedomCGR。


f:id:xiukj:20180117111829j:image

ストラップはLong Hollow Leather 70010。馬具メーカーなので作りがしっかりしている。デザインもこのギターにぴったり。少し短めなので腰で構えたい時はRed MonkeyのSlasher-2に付け替える。
f:id:xiukj:20180117114932j:image

 

考えられる手を尽くして完成に至ったこのギター、肝腎な音は中高域が少しもっさりした感じでやや好みから外れている。メープルネックへの苦手意識がまた強まってしまった。

しかし大変満足している。轟音で低音弦のリフを掻き鳴らせば気持ちよく応えてくれる。自信を持って

「これが俺のメインギターだ!」

 とはまだ言えないけど、大切な一振りを錬成できた。

 

PRS SE Ikebe Original Custom 24 Koa

DiMarzio - Dark Matter 2 Pickups

GOTOH - Magnum Lock SG381MG-04-L3R3-B

Billion Dollars - Skull Knob

ESP - Tremolo Tone Springs Type-1

Cheap Create - Rosewood Pickup Rings

Allparts - SpringNO Tremolo Spring Silencers

Switchcraft - L Toggle Long

Montreux - Inch Toggle Switch Knob Rosewood ver. 2

D'Addario - Solid Brass End Pin

Freedon Custom Guitar - Leather endpin cushion SP-EC- 01

Long Hollow Leather - 70010 Traditonal tan

Red Monkey - Slasher-2 Length:2