バンドマンになりたかった。

つまりは『バンドマンになれなかったギター弾きの話』

 

20代のうちに、徹底的にバンド活動をし尽くしておくべきだったとずっと後悔している。いまだにそれは自分の皮膚を焼き続けているような感覚で残っている。

バンド活動を全くしなかった訳ではない。

ラジオの企画バンドに所属してわりと大きなホールでライブをしたこともある。その後は○○○主催のコンテスト・ライブに出たり、リハスタに何回か入っただけで消滅したバンドが2つあったりで、バンドマンと呼べるような活動はできなかった。

仲間を集める力がなかった。

誰かに誘われる力も、どこかに所属する力もなかった。

はい、ただの力不足です。努力不足と置き換えられても仕方がない。

そして焦燥感は鳴り止まない。耳鳴りという形で今も。

 

急にこんなことを書き残しておこうと思い立ったのはこの本と出会ったから。f:id:xiukj:20180725171446j:image

カザマタカフミ『売れないバンドマン』

3markets[ ]というバンドのギターボーカルの著書。

著者のバンドにまつわるあれこれがかっこつけることも飾り立てることもなく淡々と綴られている。それだけにひしひしと伝わってくる感情が胸を打つ。刺激されて自分が抱えてきたバンド活動への思いが揺さぶられる。

特に9mm Parabellum Bulletのかみじょうちひろとのこと、よくこんなにさらっと率直に書けるなと感心する。冷静にまわりが見渡せて自己分析もできてる。何故売れないんだ3markets[ ]。

でもこの本が俺の目に止まったくらいだから、ひょっとしてもう売れ始めてるんじゃないのか。

3markets[ ]、一度ライブを観たことがある。媚びない感じと初期衝動が残ってる感じ(映画『ソラニン』で種田が歌詞を忘れてばぁーっと思いのたけを音楽に乗せて話したシーンのあの感じ)に好感を持ったが、その日は疲れていたのでそのまま帰ってしまった。今度はちゃんとCD買います。

 

先日、久し振りに昔のバンド仲間に会いに行った。彼女は今も音楽を続けているし、CDも売れてるし、バンドも続けている。

そのことが羨ましいやら悔しいやらでちゃんと話せるのか不安だったけど、向こうは全然変わってなくて、昔のまま普通に話せた。今の音楽仲間に「めちゃめちゃギター上手いんだよ」と紹介されたりした。めちゃめちゃギター上手かったらこんなことになってないよと思いつつも、その言葉はうれしかった。

 

バンドマンにはなれなかったけど、相変わらず今もギターを弾いている。人生の3分の2以上をギターとともに歩み続けている。

轟音でギターを掻き鳴らしたときにしか得られない感情と呼び起こされる衝動があるんだ。

だからこれからもずっと弾き続ける。

 

 

メインギター、自分にとって最高の一振りを考える。

メインギターとは何なのだろうか?

ベルセルク』のガッツが振るう大剣「ドラゴン殺し」のような物だというのが自分の考えだ。相棒ではなく戦友、自分に最適というよりはそれしか考えられない替えの効かない一振りの剣。

それ一本あれば事足りる筈なのに、何故手持ちのギターは増えていくのだろうか。そもそもライブをしない宅ロッカーにとってメインギターという概念は何なのだろうか?

見習いたいのは橘高文彦の姿勢だ。一時期キャパリソンを使っていたものの、あのギブソン67年フライングVをレコーディングでもライブでもずっと使い続けている。ネックが折れた時は電装系をそっくり別のギターに移して使っていたという逸話もかっこいい。


f:id:xiukj:20180116233710j:image

十年前に買ったギブソンのヒストリック・レスポール、それが紛れもなく自分のメインギターだった。ずっと憧れ続けていた部分が大きく使用しているギタリストも多いことから、果たしてレスポールは自分らしい一本なのかという疑問が残る。きらびやかなクリーンや粘りのあるクランチは申し分ないレスポールだが、ダウンチューニングでモダンなハイゲインを出そうとすると少し無理が出てくる。一昨年にアイデアが浮かんだローCの曲を作るにあたってこれでは無理だと感じた(このレスポールについては後日改めて書き記そうと思う)。

どんなギターが自分に似合うのか考えているとどんどん深みに入り分からなくなる。

誰かが使っているモデルは候補から外すしかないのか? 本当に自分にぴったりなのにそんな理由で手にしないのは勿体なくないか?

そもそも楽器屋に並んでいる物だと誰かと被るだろうからどこかにカスタムオーダーした方がいいんじゃないのか?

悩んでいても仕方がないので単純に見た目が気に入ればそれでいいということにした。エレキギターなのでパーツ交換で変えられる部分は大きい。
f:id:xiukj:20180117000207j:image

PRS SE Custom 24 Koa

これを素体にすることにした。エントリーモデルであるSEシリーズだが、そんなことは気にしない。ちょっと前、NMB48のシャク姉こと山本彩がPRS SEを堂々とメインで使っているのを見て好感を持ったことがある(最近はギブソンレスポールやらグレッチやら使っているけど)。

うす切りハム程度の厚さのコア材を化粧板として貼り付けてあるだけのコアトップ。離島に住んでいた頃馴染みのあったコアウッド、いかにも自分らしいと感じた。何本か木目を見て気に入った物を選んだ。

 

試行錯誤紆余曲折あったが、落ち着いたので現仕様を。


f:id:xiukj:20180117004427j:image

ペグはゴトーのマグナムロック。これだけ記事を残してある。マグナムロックは様々な仕様があり、ペグボタンも選べるのでどのギターにもぴったりな物があると思う。

http://xiukj.hatenablog.com/entry/2017/03/18/205804


f:id:xiukj:20180117004707j:image
f:id:xiukj:20180117004758j:image

ピックアップはDiMarzio Dark Matter 2。完全にヴァイ先生の新しいJemの影響じゃないかと言われそうだが、カバーのデザインに惹かれて抗えなかった。模様が描いてあるのではなく切り欠きになっている。エレキギタースチームパンク感が増す。音はEvolutionが元になっているので悪い訳がない。


f:id:xiukj:20180117005614j:image

ESP Tremolo Tone Springs Type-1、5本掛け。裏蓋は開けっ放し。スプリング交換時の調整は以下の手順で行うと楽。

1. ちゃんとチューニング及び調整された状態でスプリングを交換。

2. ペグを使用せずにハンガーマウントスクリューを調整してチューニングが合う位置にする。

3. ペグでチューニングを合わせトレモロユニットを調整。


f:id:xiukj:20180117012410j:image
f:id:xiukj:20180117012448j:image

不要な残響を消すためにスプリング内にAllparts SpringNO Tremolo Spring Silencersが仕込んである。スティーヴ・ヴァイティッシュを詰め込んだりしてるけど、これだと見た目が変わらずすっきりしていい。着脱も簡単だ。

 
f:id:xiukj:20180117012118j:image
f:id:xiukj:20180117012232j:image

トグルスイッチをスイッチクラフト製に交換。この世の全てのギターのトグルスイッチをスイッチクラフト製に交換して回る旅に出たいほどのスイッチクラフト狂。トグルノブはMontreuxのローズウッド製に。


f:id:xiukj:20180117012651j:image

トーン・ノブにスペーサーを噛ませて温存していたBillion Dollarsのスカル・ノブを装着。PRS SEのノブは好みのきれいなアンバーなのでボリュームの方はそのまま。

 

f:id:xiukj:20180117012956j:image
f:id:xiukj:20180117013045j:image

エスカッションはCheap Createにオーダーして本紫檀で木目を縦に作ってもらった。
f:id:xiukj:20180117105845j:image

交換後、冬の乾燥期を迎えてフロント、リアともにエスカッションが割れてしまったのだが、これは製作していただいたCheap Createさんのせいではなく、ピックアップのメタルカバーの厚みをサイズに反映させなかった自分に落ち度がある。割れてもがっちりピックアップを保持しているのでこのままでいく。


f:id:xiukj:20180117013248j:image
f:id:xiukj:20180117013334j:image
f:id:xiukj:20180117013451j:image

エンドピンはディマジオのブラス製に。ゴールドではなくブラス剥き出し仕様。経年変化が楽しみ。くすんだブラス愛好家。エンドピンクッションはFreedomCGR。


f:id:xiukj:20180117111829j:image

ストラップはLong Hollow Leather 70010。馬具メーカーなので作りがしっかりしている。デザインもこのギターにぴったり。少し短めなので腰で構えたい時はRed MonkeyのSlasher-2に付け替える。
f:id:xiukj:20180117114932j:image

 

考えられる手を尽くして完成に至ったこのギター、肝腎な音は中高域が少しもっさりした感じでやや好みから外れている。メープルネックへの苦手意識がまた強まってしまった。

しかし大変満足している。轟音で低音弦のリフを掻き鳴らせば気持ちよく応えてくれる。自信を持って

「これが俺のメインギターだ!」

 とはまだ言えないけど、大切な一振りを錬成できた。

 

PRS SE Ikebe Original Custom 24 Koa

DiMarzio - Dark Matter 2 Pickups

GOTOH - Magnum Lock SG381MG-04-L3R3-B

Billion Dollars - Skull Knob

ESP - Tremolo Tone Springs Type-1

Cheap Create - Rosewood Pickup Rings

Allparts - SpringNO Tremolo Spring Silencers

Switchcraft - L Toggle Long

Montreux - Inch Toggle Switch Knob Rosewood ver. 2

D'Addario - Solid Brass End Pin

Freedon Custom Guitar - Leather endpin cushion SP-EC- 01

Long Hollow Leather - 70010 Traditonal tan

Red Monkey - Slasher-2 Length:2

 

旅の余白の記録

f:id:xiukj:20171206224058j:image
当ブログ、放置してる訳ではないのに投稿の頻度が減り、下書き記事が溜まっていく一方で困ってる。日々は記録を残す隙さえ与えずものすごい速度で過ぎ去っていく。

 

蔵出ししなければいけないような過去の下書き記事を全部放置し、最近のことを。

先月末、生まれ故郷に帰った。生まれただけで住んだことがない故郷。

家族の用事で帰ったのだが、それ以外の余白のことを書き残しておく。


f:id:xiukj:20171204225348j:image
朝早い便、始発のバスで空港に向かった。


f:id:xiukj:20171204203209j:image

船、港に積み上げられたコンテナ、燃料タンク、でかいクレーン、途中から海へ潜る海上道路、あっという間に何もかもが小さくなって地図を眺めてるような視点に切り替わる。その瞬間が好きだ。


f:id:xiukj:20171204225919j:image

雪を被ったどこかの山脈。


f:id:xiukj:20171204230216j:image

北九州空港から小倉方面へ。山には一面靄が。


f:id:xiukj:20171204230435j:image

蕎麦屋で食べた九州のやわらかめのうどん。これはこれで好き。揚げたてのごぼう天。


f:id:xiukj:20171206223728j:image
f:id:xiukj:20171206223637j:image
f:id:xiukj:20171206223822j:image

夜は時間があったので父の実家付近を散歩。やまはき玲の『ほしのむこう』をリピートしながら。


f:id:xiukj:20171206224039j:image
f:id:xiukj:20171206224058j:image

昼間にまた来ようと思ったコーヒー屋さん、結局行けなかった。


f:id:xiukj:20171206224258j:image

父の実家、寒過ぎる。


f:id:xiukj:20171206224347j:image

九州の朝は横浜よりやや遅い。時差的な意味で。


f:id:xiukj:20171206224533j:image

朝、父がサンドイッチを作ってた。

柿を買ってきて剥いたのだが、父があまり柿好きじゃないことを今更知った。


f:id:xiukj:20171206225611j:image
f:id:xiukj:20171206225633j:image

ビッグ・マフ郎さんが食べてた肉やきめし。父はこういう店があまり好きではない。


f:id:xiukj:20171206225959j:image

これもビッグ・マフ郎さんが食べてた小倉名物OCMのサンドイッチ。

時間がなくて店の前を華麗に素通り。


f:id:xiukj:20171206230134j:image

小倉のヤマハ。離島に居た頃、愛用のピックが手に入らなくてここから送ってもらってた。ここも店の前を素通り。


f:id:xiukj:20171206230349j:image

母の実家の近く。田舎である。


f:id:xiukj:20171206230511j:image

親戚の造り酒屋の煙突。


f:id:xiukj:20171206233218j:image

北九州、魚がうまい。父、意外とちゃんと料理してた。

f:id:xiukj:20171206224924j:image
ほぼ自分の時間が取れなかったので夜中にガストで曲作り。サンデーを食べたかった訳ではない。DS-10十周年コンピの締め切りが近くて焦っていたのだが、3時間ほど集中できた。当初は駅前のドトールに行こうと思ったのだが閉店時間を過ぎていた。 


f:id:xiukj:20171206225509j:image

ドゥルセアルテで買った甘いもの。店内に焼き菓子の匂いが充満していて出たくなかった。


f:id:xiukj:20171206231828j:image

小倉の常盤橋、広告塔発祥の地。知らなかった。


f:id:xiukj:20171206232108j:image

小倉城の前を素通り。 


f:id:xiukj:20171206232757j:image

移動中に車内から撮った空。


f:id:xiukj:20171206233416j:image

「耕治」の茄子と豚肉の醤油炒め。

f:id:xiukj:20171206232208j:image

シロヤ、閉まってた。


f:id:xiukj:20171206232247j:image

北九州弁が分からないと面白さが伝わらないやつ。


f:id:xiukj:20171206232349j:image

空港行きのバスを待ってる時に見上げたモノレール。

 

こうして写真を見ながら振り返ってみると、自由時間がなかった割に隙間時間で色々楽しんだ感じがする。

 

ちょっと前に見た夢を思い出せないのはまだ夢の中にいるからかもしれない。 

あるいは、「amamori『一昨日見た夢』の全曲感想文。」 
f:id:xiukj:20171011231826j:image

本日はamamoriファーストミニアルバム『一昨日見た夢』の発売日。 

7曲入り29分。スーパーフラゲしていたので一足早く聴き込んでいました。 
自分が感じたことをそのまま書き残しておきます。 
本人の意図は気にしていないただの感想文駄文。 

 

1.「MASK」 
幕開けに相応しい勢いのある曲。トリオ編成で増しているスピード感。 
聴きどころはAメロの両手オクターブ。本人も度々言っている通りこれはギターでいうところの「漢のダウン・ピッキング」。ピアノ弾き語りプログレッシブポップ界のジェイムズ・ヘットフィールドことamamori。かっこいい。 
ドッペルゲンガーなのか何なのか、amamoriが見せてくれる独特の世界の始まり。 

 

2.「これは恋?」 
2曲目にしてまさかのピアノ封印。 
ライブと雰囲気の違う唄い方。かわいさが増した分滑稽さも強調されている。 
これは恋?と疑問に思った時点ですでに恋なのだが、まだ始まってもいないのにやきもきドタバタしている雰囲気がアレンジにも現れている。 
「彼女にもらった」 
「妻です」 
「あ、うちの子、2歳」 
等の台詞にamamoriの演技力が垣間見える。 
聴きどころはため息。 

 

3.「窓」 
不眠が続いて起きているんだか寝ているんだか分からない夢の中にいるような状態で夜中に窓から外を覗く。異世界の入り口が見える。いけないことだと分かっているのにさらに覗き込んでしまう。夢の中から抜け出せなくなる。 

 

4.「箱」 
箱の中身を詮索する思考と目まぐるしく展開する曲調がぴったり一致。「音の絵本」と言われる所以。プログレッシブポップの真骨頂。 
いったい箱の中身は何だったのか? 

 

5.「夜が見てた」 
実らないことが分かっている切ない恋、叶わない約束と想いが最後のキラキラ星のメロディに乗せて月が浮かぶ夜空に吸い込まれていく。 
ベッドではなく「布団」というところが生活感があっていい。 
これが「これは恋?」の続きなのかなと考えると切なさが増す。 

 

6「消えた物語」 
本アルバムのタイトル・トラック。 
ライブで聴いたことがある人はイントロ後のハイハットのカウント前にタイトル・コールをしたくなるであろう。というか自分は聴く度にしてる。 
摑めそうで摑めないもどかしさ、やっとの思いで手にできたけどそれは思っていたものと違っていた。 
大サビでワルツに戻る展開がツボ。 


全曲って謳っているのに1曲足りないじゃないかって? 
気になる方はぜひ聴いてみてください。 
全7曲、amamoriワールドを覗くきっかけにちょうどいい1枚だと思います。 


amamoriさん、アルバム発売おめでとうございます。

 

 http://amamori-mk.jugem.jp/?eid=609

 

一昨日見た夢

一昨日見た夢

 

 

 

自作キーホルダー

蔵出しブログその2

2017.4.15
f:id:xiukj:20170612124245j:image

キーホルダー用のカラビナは普段使いには問題ないのだが、強度的にやや心許ないので船舶用の金具を買ってきて自作(というか組んだだけ)。

 

f:id:xiukj:20170612124110j:image

固定式ナスカン+リングキャッチで耐荷重はキーホルダー用カラビナの倍以上。


f:id:xiukj:20170612125358j:image

がっしりとした太い作りのナスカンが好み。質感もいい。

どうみても真鍮っぽいのだが

「BRONZE ITALY」

と書いてある。

謎。

 

ペンケース新調《補足》

f:id:xiukj:20170607214943j:image

一つ前の記事で「見て分かる物ばかりなので特に説明の必要はない」と書いてしまったが、三菱の証券細字用はスタイラス仕様に改造してあって、KORG M01Dの打ち込みに使っている。

 

ペンケース新調

蔵出しブログその1

2017.3.31
f:id:xiukj:20170607135625j:image

ペンケースを新調しました。
f:id:xiukj:20170607135812j:image

特筆すべき物は入れてないし、見て分かる物ばかりなので特に説明の必要はないと思う。

万年筆を持ち歩くのをやめたのですっきりした。

サラサクリップのレッドブラック、ブルーグレーというドンピシャ自分好みの色味でサラサラ書けるペンが100円で買えるのに、苦労して万年筆を持ち歩く必要性を感じなくなった。万年筆は家でゆっくり書く時に使うだけでいい。


f:id:xiukj:20170607140610j:image

これまで長年使っていたENVELOOPのロールペンケース。

見た目も手触りもよかったが、出先でぱっと広げてさっとしまう、というのに向いてなかった。

巻いた状態でも「とりあえずの1本」をさっと取り出せるエクストラペンポケットの発想はよかった。


f:id:xiukj:20170607141156j:image

こんな時代もあった。

万年筆は書き心地がいいし、色々なインクを使える点が好きだ。

鞄に入れたまま走ったりするとえらいことになるのも持ち歩くのとをやめた理由の一つ。


f:id:xiukj:20170607141644j:image

閉じるとこんな感じ。

収納している量からするとかなりコンパクトにまとまる印象。