読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何故ジェイムズ・ヘットフィールドは「メタル・マスター」をダウン・ピッキングで弾き倒せるのか?

機材 ギター 音楽 メタリカ

あるいはギター弾きの右手の秘密。

 

諸事情で邦題も届かないような離島で暮らしていたので「メタル・マスター」というタイトルには余り馴染みがない。

「Master Of Puppets」

うん、しっくりくる。

というのは嘘で、初めて耳コピしたギター・ソロがメタリカの「ナッシング・エルス・マターズ」だったりする世代なので、それ以前のメタリカ自体に馴染みがない。「ナッシング・エルス・マターズ」のMVを観て、ジェイムズは唄うしギター・ソロも弾くのか、じゃああのサーファー風の人は何のために居るんだろうと思ってしまった世代。

「メタル・マスター」も『S&M』で知ったくらい。

 

本題に戻ります。


f:id:xiukj:20160928135553j:image

指輪を新調しました。久し振りのドクロ。

昔はシルバー925製に拘ってたけど、格安のインドネシア産。メタル製としか書かれてない。何の金属なのだろう?まあ、デザインがかっこよくて重ければいい。

海外で指輪を買う時、サイズが日本と違うから一瞬考えちゃうよね。(海外指輪購入あるある)

「何だよ本題に戻ってねぇじゃん」と思ったあなた、ちゃんと戻ってますよ。

ロック、メタル系のギター弾きが何故右手に演奏に支障を来すようなゴツい指輪をしているのか考えたことがありますか?

あれは力強くダウン・ピッキングをするためにしているのです。指輪の重さが振り下ろした右手を加速させ「ドズンッ」という落雷のようなダウン・ピッキングを生み出します。

「重い分アップ・ピッキングがつらいのでは?」と思ったあなた、詰めが甘いです。

振り子の反動のようにアップ・ピッキングも力強くなります。そして一度動き出した右手はなかなか止まりません。

さて、ジェイムズ・ヘットフィールドの話です。

ジェイムズは右手に重い指輪をしていなくても力強いダウン・ピッキングをこなしています。何故なら彼の手は大きくて重量があるからです。生まれ持ったメタル資質。自分の右手にゴツい指輪を4つしてもジェイムズの右手よりはたいぶ軽いと思われます。

「メタル・マスター」に見られるような漢のダウン・ピッキング、永遠の憧れです。

 

(おまけ)

俺クラスになると国から贈り物が届きます。
f:id:xiukj:20160928142843j:image

 

James Hetfield

Metallica - Master Of Puppets

Metallica - Black Album

Eastern Wolves - Tarangos