読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロック機構付きストラップ

ギター 機材 音楽
ロック機構付きストラップは各社から出ている。最近発売されたアーニーボールのポリロックがきっかけでまた気になり始めた。

ロック機構付きストラップの魅力はギター本体に加工を施すことなく気軽に使える点だろう。
シャーラー等のロックピンはギター本体及びストラップに取り付ける必要があるし、あの形と金属同士が擦れる音が苦手だ(自分だけだろうか?)。

試しにプラネットウェイヴスのを買ってみた。

f:id:xiukj:20160720233154j:image

f:id:xiukj:20160720233340j:image
取り付けも取り外しも簡単だが、ストラップピンやギターの形状によっては使えない場合もあるので注意が必要だ。

f:id:xiukj:20160720233504j:image
エレキシタールはボディの形状が邪魔して取り付けられなかた。

f:id:xiukj:20160720233601j:image
アメリカン・スタンダードのテレキャスターはピンの形状が合わなくてダメだった。

f:id:xiukj:20160720233720j:image
f:id:xiukj:20160720233741j:image
SGのようにボディ裏にピンがある場合は逆向きにしか取り付けられなかった。

f:id:xiukj:20160720233938j:image
意外だったのがこれ。
タカミネのジャックを兼ねてるエンドピンには普通に取り付けられた。

f:id:xiukj:20160720234043j:image
一定時間演奏してみて気づいたこと。
ギターのボディを傷付けない目的で裏に貼られているラバーがボロボロ剥がれてギターにまとわりつく。
ポリ塗装だったらまだいいが、ラッカー塗装にはよくなさそう。

検討した結果、フェンダー・ジャパンのプレベに使うことにした。


Planet Waves - Planet Lock Classic Red